新型コロナワクチン接種予約(高齢者クーポンをお持ちの方)について

5月17日より、当院でも接種を開始します。
(75歳以上の、市よりクーポンが送られてきている方のみ対象です。それ以外の世代の方は、東大阪市から連絡があり次第、こちらで告知致します)

5月1日より、電話およびご来院によるご予約をお受けいたします。

ただ、数量に限りがあり、下記の方のみといたします。

●過去に当院に受診歴がある方(当院の診察券をお持ちの方)
●自治体より接種クーポンが届いている方

 

また、下記注意点をよくお読みいただき、ご理解いただければと思います。

クーポン券、予診票、診察券、本人確認書類を必ずお持ちください。
お持ちでない場合、予約取消となります。

●お時間に遅れられた場合、接種できないことがあります。

●日時の変更はできません。

●当日の体調などで、医師の判断で接種できないことがあります。

上記いずれの場合でも当日接種できなかった場合は、再度ご自身で接種医療機関を探していただき、予約取り直しをお願いします。

(以下3点のご注意は4月30日追記)

●原則、接種日時の指定はできません。

●来院によるワクチンご予約と別に、診察もご希望の方は、まずワクチンご予約受付をお並びいただき、そちらを済ませてから通常診察受付においでください(同時の受付はできません。)。

●ご予約受付終了になった場合、ご希望の方は「キャンセル待ち登録」をさせていただきます。
その場合、急な接種のご連絡(例えば15分後にご来院をお願いすることもあり得ます)をさせていただく可能性がありますので、すぐ繋がるご連絡先をお教えください。

 

※この度のコロナワクチンは、自治体より破棄は厳禁と通達されていますので、当日分は使い切る必要があります。

ですので上記理由で余った場合、別の方の接種に回させていただくことになります。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

「高齢者に対する新型コロナワクチン接種」について

副院長の米澤です。

本日は、「高齢者に対する新型コロナワクチン接種」についてのお話です。

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴って、4都府県を対象とした3回目の緊急事態宣言が発出されました。

変異株の占める割合が増加してきているというニュースからも不安を感じておられる方も多いと思います。

しかし、変異株が増えた状況下においても、現時点でわれわれの出来る事としては、

①3密を避ける

②手洗いうがいの励行

③マスクの着用

を継続することであり、ワクチン接種が早く日本国民全体に拡大されることを切に望みます。

不要不急の外出は控えるべきという呼びかけもよく耳にしますが、体調を崩しても病院受診を我慢される方がおられます。

多くの医療施設と同様、われわれのクリニックでも感染対策として、

院内の消毒・換気スタッフの感染防止待合スペースにおけるソーシャルディスタンス確保の工夫を徹底しており、

安心してわれわれのクリニックにお越し頂ければと思っています。

そして、大阪府内でも開始された高齢者に対する新型コロナワクチン接種ですが、

先日の東大阪市の市政だよりにも掲載されていた通り、当院でもワクチン接種の準備を進めております。

LINE公式アカウントでお伝えしている通り、75歳以上の方は、5月1日より予約開始、5月17日より接種開始となります。

それ以外の世代の方はにつきましては、情報が入り次第お伝えいたしますので、

当院の

LINE公式アカウント

Twitterアカウント

最新情報を発信していきますので、ご登録頂ければと思います。

 

また、新型コロナワクチン接種後の副反応に関する最新情報ですが、

4月23日に開催された厚生科学審議会の報告(https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000772192.pdf)

を見ても、

接種後の死亡例とワクチン接種の因果関係については確認されておらず

アナフィラキシーの発現頻度についてもワクチンの接種体制に影響を与える重大な懸念は認められないとされています。

以前のブログでも触れた、ワクチン接種後の1~2日以内に起こる、倦怠感頭痛注射部位の痛み比較的高頻度に起こるようですが、

ほとんどは軽度から中等度の症状であり、数日でそれらの症状は消失します。

国民に対するワクチン接種率が高いイギリスイスラエルにおける感染者数減少からも

新型コロナウイルスに対するワクチンの効果は明らかです。

一日でも早いコロナ禍の終息を望みたいものです。

 

以上、「高齢者に対する新型コロナワクチン接種」についてでした。

「新型コロナワクチン」に限らず、何かご不明なことなどあれば、いつでも相談して下さいね。