新型コロナウイルス変異種 オミクロン変異種について

副院長の米澤です。

新型コロナウイルスについては、全国的な新規感染者数は減少傾向を維持しているようです。

12月に入ってからは、朝晩の冷え込みの影響なのか、鼻水、咳、発熱といった風邪症状を訴えて来られる患者さんが増えてきました。

現時点ではインフルエンザの流行の報告はなく、このまま新型コロナウイルスインフルエンザの患者さんが増えなければ良いのですが、先月の末頃より新型コロナウイルス種に関するニュースが世間を賑わせるようになっています。

不安に思われている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は「新型コロナウイルス変異種 オミクロン種について」をお伝えします。

新型コロナウイルスの新しい変異種であるオミクロン種は先月、ボツワナで初めて検出されました。

その後、南アフリカ共和国でも見つかり、12月6日時点ではオミクロン種が確認された国や地域は日本を含め42カ国になっています。

このオミクロン種については

世界保健機関(WHOhttps://www.bbc.com/japanese/59516185

感染症専門医https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20211204-00271075

から以下のように述べられています。

 

従来のものより感染力が強いのか、ワクチン接種で獲得した防御効果を回避する能力が高いのかについては今のところ分かっていない

現在の世界の感染の99デルタ株であり、今後、オミクロン種が主流になる可能性はあるが、それを予測するのは難しい。

重症度に関する情報が得られているものでは、約半数は無症状で、残り半数は軽症とのことであり、重症化した症例入院死亡例報告されていない

パニックになるのではなく、手洗い3密を避けるマスクを着用するなどの感染対策をこれまで通りしっかりと続けることが重要であり、落ち着いて対応する必要がある。

 

楽観的になりすぎるのも良くないですが、これまでの情報からも決して慌てる必要はないようですね。

感染拡大を防ぐためには、準備を整えるための時間を稼ぐことも重要とされますので、外国人の一時的な日本への入国禁止措置もある程度は仕方のないことなのかも知れません。

一日でも早く、新型コロナウイルスの流行が全世界で落ち着くことを願うばかりです。

 

以上、「新型コロナウイルス変異種 オミクロン種について」でした。

オミクロン種に限らず、何かご不明なことなどあれば、いつでも相談して下さいね。

 

なお、新型コロナインフルエンザワクチン接種に関する予約方法の詳細や、最新の情報については

当院LINE公式アカウント https://lin.ee/3KKrJ6L 

Twitter https://twitter.com/nishikawaent でも発信していきますので、未登録の方はご登録頂ければと思います。

インフルエンザ予防接種ご予約再開について

例年1月での接種はしておりませんが、本年はご希望の方が多数おられ、ワクチンを確保できましたので、

インフルエンザワクチンのネットでのご予約を再開いたします。

今回はネット予約枠のみとなります。ご了承ください。

 

ご予約について2点、変更がありますので、ご注意ください。

13歳以下で2回接種される方は、1、2回ともネットにてご予約をお取りください。

1回目しかご予約が取れなかった場合は、ご連絡ください。

接種費用

○ 65歳以上:1.500円(※)
(※東大阪市内にお住いの方のみ。免許証など、住所を確認できるものをお持ちください)
○ 13歳以上~65歳未満:3,000円
○ 3歳以上~13歳未満:2,500円×2回
○ 6ヶ月以上~3歳未満:2,200円×2回

 

今回の予約日時、方法

1月5日から1月22日までの枠

当院のLINE公式アカウントから、予約ボタンを押してサイトに入ってください。

https://lin.ee/3KKrJ6L

もしくは、LINEをされていない方はこちらからご予約ください。

https://isyadoko.net/qr/0667537867/mb/

 

インフルエンザ問診票ダウンロードはこちら

ご注意!65歳以上の方は別用紙になりますので、

こちらをお使いにならないでください。院内でお渡しいたいします

 

ご注意】(必ずお読みください!)

※新型コロナワクチンとは2週間接種間隔をお空けください。

※医師の指定はできません。

※入荷が終わり次第終了となります。

インフルエンザワクチンの接種回数について

副院長の米澤です。

 

新型コロナウイルスについては、緊急事態宣言解除後も全国的な新規感染者数は減少傾向を維持し、流行の第5波は収束に向かっているようです。

大阪府内でも、感染対策をしっかりと行ったうえで、飲食店の営業も徐々に通常に戻りつつあります。

このまま、新型コロナウイルスの再流行が行らないことを願うばかりです。

さて、日常生活が正常に戻れば、人の動きに伴って風邪を含めた感染症が流行するのはいたしかたないことではないでしょうか。

当院でも、急に朝晩の冷え込みが強まった頃から、鼻水、咳、発熱といった風邪症状を訴えられる患者さんが増えてきました。

いまのところ、新型コロナウイルス再流行やインフルエンザ流行の兆しはありませんが、ワクチン接種などの感染予防を含めた対策や体調管理につとめたいものです。

 

そこで、今回は「インフルエンザワクチンの接種回数について」をお伝えします。

現在、日本におけるインフルエンザワクチンの接種回数については

13歳以上の方1回接種、13歳未満の方2回接種を原則とするとされています。

 

ところが、世界保健機関(WHOアメリカでは、生後6か月~9歳未満の小児が初めて接種を受ける場合は2回接種で、翌年からは毎年1回の接種を続けるよう勧めています。

すなわち、9歳以上の小児や大人はこれまでの接種状況に関わらず「1回接種」が適切であり、生後6か月~9歳未満の小児のみが、初めて接種を受ける場合に限って「2回接種」が適切であるという見解を示しています。

 

いったい、どちらが正しいのでしょうか?

結論としては、どちらも間違いではなく、どちらも正しいと言えます。

そして、日本での対応としては、日本における原則「13歳以上の方1回接種、13歳未満の方2回接種」に従うのが良いと考える先生が多いようです。

当院でも、日本における原則に従って、13歳未満のお子さんは2回接種の方針でインフルエンザワクチンの接種を行っています。

ただ、どうしても注射が苦手2回目接種の予約が学校行事などと重なってなかなか難しい、といったお子さんについては、WHOアメリカの方針を参考に「1回接種」とするのも間違いではありません。

様々な理由で「1回接種」になっても、不安に思う必要はないということです。

 

なお、ワクチン接種に関する予約方法の詳細や、最新の情報については

当院LINE公式アカウント https://lin.ee/3KKrJ6L 

Twitter https://twitter.com/nishikawaent でも発信していきますので、未登録の方はご登録頂ければと思います。

以上、「インフルエンザワクチンの接種回数について」でした。

「インフルエンザワクチン」に限らず、何かご不明なことなどあれば、いつでも相談して下さいね。

インフルエンザ予防接種についてのお知らせ

インフルエンザ予防接種のお知らせです。

本年はコロナワクチン接種もあり、昨年はインフルエンザの流行がなかったこともあって、

インフルエンザ予防接種を迷われている方もおられるかもしれません。

 

しかし昨年流行しなかったことで、本年は例年以上の流行があると予想する専門家もあります。

詳しくはこちらの米澤副院長のブログをお読みください。

https://nishikawa-mimi.com/blog/2021/09/26/coronainfuruwakutin/

 

※大事なご注意:コロナワクチンとは必ず接種を2週間の間隔を開けてください。

(ファイザー、モデルナ製のコロナワクチンは3週間空けて2回接種ですから、

現実的にはコロナとインフルを同時期に接種するのは難しいと思います。

その場合はコロナワクチンを優先されることをお勧めします。)

 

本年の詳細は以下の通りです。

 

接種費用

○ 65歳以上:1.500円(※)
(※東大阪市内にお住いの方のみ。免許証など、住所を確認できるものをお持ちください
○ 13歳以上~65歳未満:3,000円
○ 3歳以上~13歳未満:2,500円×2回
○ 6ヶ月以上~3歳未満:2,200円×2回

 

予約日時、方法

10月4日よりご予約開始

(当院受診歴は必要ありません)

 

ネットによる予約 : 10時から

当院のLINE公式アカウントから、予約ボタンを押してサイトに入ってください。

https://lin.ee/3KKrJ6L

もしくはLINEをされていない方は、こちらからご予約してください。

https://isyadoko.net/qr/0667537867/mb/

直接来院による予約 : 9時から。診療時間中にお越しください

 

 

接種開始日
10月11日(月)より

問診票を事前に取りに来ていただき、接種日ご来院時に記入してお持ちいただくとスムーズです。

こちらからダウンロードしてご記入いただいても構いません。

ご注意!65歳以上の方は別用紙になりますので、

こちらをお使いにならないでください。院内でお渡しいたいします

インフルエンザ問診票ダウンロードはこちら

 

ご注意】(必ずお読みください!)

※お電話でのご予約は受けておりません。

※13歳以下で2回目が必要な方は、その枠も一緒にお取りください

(1回目予約日の後2〜4週間後の間で2回目をご予約ください)

※新型コロナワクチンとは2週間接種間隔をお空けください。

※今回は11月中までの接種枠です。今後入荷の状況を見て枠拡大、期間延長いたします。

その際はこちらのHPとLINE公式アカウントで告知いたします。

※医師の指定はできません。

※入荷が終わり次第終了となります。

コロナワクチン接種 ご予約枠追加のお知らせ

コロナワクチン接種 接種予約再開致しました。

当院受診歴がない方もご予約可能です。

ネットご予約及びご来院によるご予約が可能です。

電話予約は受け付けておりません

ご予約はこちらから。

https://isyadoko.net/qr/0667537867/mb/

 

以下の注意点をよくお読みください。

■ご予約が可能な方

●自治体より接種クーポンが届いている方

 

ネット予約のご注意必ずお読みください!

インターネットでは1回目の予約だけをお取りください。

2回目はその3週間後に自動的にご予約が入る形になります(例;1回目11月5日なら2回目は11月26日)。

21日後の2回目接種日もご来院可能な、1回目の予約をお取りください。

(1回目接種日が下記の場合、2回目接種日は以下となりますのでご注意ください。

①12月10日(金)→②1月7日(金)

①12月11日(土)→②1月8日(土)

①12月20日(月)→②1月17日(月)

日時の変更、キャンセル等は原則お受けできません。

 

接種に際してのご注意こちらも必ずお読みください!

また、下記注意点をよくお読みいただき、ご理解いただければと思います。

クーポン券、予診票、診察券、本人確認書類を必ずお持ちください。
お持ちでない場合、予約取消となります。

●お時間に遅れられた場合、接種できないことがあります。

●日時の変更はできません。

●当日の体調などで、医師の判断で接種できないことがあります。

●食物や薬剤など2種類以上のアレルギーをお持ちの方、過去にアナフィラキシーを起こされた方は、当院では接種できませんので、かかりつけの医師にご相談ください(花粉症など、鼻アレルギー症状はこれらに含みません)。

 

※この度のコロナワクチンは、自治体より破棄は厳禁と通達されていますので、当日分は使い切る必要があります。

ですので上記理由で余った場合、別の方の接種に回させていただくことになります。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。