花粉症レーザー治療は1月中にどうぞ。

あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はコロナ禍で、本当に大変な一年になりました。

今年もまだ感染が拡大しており、ご心配な方も多いと思います。

しかし過剰な報道などに振り回されず、きちんとしたデータに基づいた感染対策を心がけていくべきだと考えています。

具体的には手洗い、アルコール消毒、マスク着用、大人数での会食は避ける、など。

屋外でのスポーツや、密にならない活動は、感染拡大には無関係と考えられますから、できる範囲の経済活動はむしろ積極的に進めていくことも大事だと思います。

さて、今回は、花粉症レーザー治療についてです。

当院ではレーザーの代わりに、アルゴンプラズマ凝固装置という物を用いて鼻の粘膜を焼く治療を行なっています。

こちらの方がメリットが大きいと考え導入しているのですが、今回はこの機械の説明をしたいのではありません。

(ご興味がある方は、こちらのページをご覧ください。当院アルゴンプラズマページ

 

レーザー、アルゴンプラズマの治療の時期についてです。

花粉症対策として行う場合、シーズン中は避けないといけません。

つまり2月から5月は避けるべきです。

そして、レーザー、アルゴンプラズマ治療の効果の持続期間は、個人差はありますが、1年から長くて2年程度だと思います。

ですので、対策の効果を長く保とうとすると、1月中に治療するのが望ましいです。

特に鼻づまりが強い方には有効です。

ご希望のある方は、1月中にご相談くださいね。

手術が必要になることもある「扁桃炎」について

副院長の米澤です。

今年も残すところわずかとなりました。

例年であれば、12月は忘年会やXmasパーティーなどで街中は賑わうはずなのですが、今年は新型コロナウイルスの流行で外出は控えて、自宅でゆっくり過ごそうと思われている方が多いのではないでしょうか。

飲食業界の方たちにとっては、外出自粛が売り上げに大きな影響を及ぼしていることは明らかです。

われわれが出来ることとしては、料理などの持ち帰りやデリバリーサービスなどで少しでも売り上げに貢献し、コロナ禍のXmas、年末年始を何とか乗り越えたいものです。

さて、本日は、手術が必要になることもある「扁桃炎」についてのお話です。

扁桃炎とは、ノドの入り口にある左右2つの扁桃腺が炎症を起こす病気です。扁桃炎の症状としては、ノドの腫れノドの痛み発熱嚥下困難(飲み込みづらさ)、呼吸困難感(息苦しさ)首の痛み(リンパ節炎)などがあります。

扁桃炎のほとんどは、一般的なかぜの原因となるウイルスの感染によって引き起こされますが、細菌の感染が関与することもあります。

扁桃炎の治療としては、抗炎症薬鎮痛剤去痰剤抗生物質ネブライザーなどを組み合わせて行います。適切な診断の元に治療を行えば多くは数日で症状は改善しますが、なかなか良くならない場合には点滴治療を追加することもあります。

また、ノドの腫れがひどい場合や扁桃腺周囲が膿瘍化(扁桃腺の周りに膿がたまる)した場合には入院や緊急手術が必要な事もあります。

このような重篤な合併症を併発したり、1年間に4回以上の扁桃炎を繰り返すような時には計画的な入院のうえで、扁桃腺の切除を行う場合があります。

外来診察中に、「扁桃腺が大きいので手術してほしい」、「何度もノドが痛くなるので扁桃腺を取ってほしい」といったご希望を伺うことがあるのですが、

そのような場合には、『扁桃腺が大きいだけでは手術は必要ありません』、『ノドの痛みが全て扁桃炎というわけではなく、咽頭炎であることの方が多いです』とお答えしています。

ただ、すべてのケースでこれらが当てはまるわけではないので、扁桃炎咽頭炎を疑う症状でお困りの方は耳鼻科で一度相談することをお勧めします。

以上、手術が必要になることもある「扁桃炎」についてでした。

「扁桃炎」に限らず、何かご不明なことなどあれば、いつでも相談して下さいね。

鼻水がのどに落ちる「後鼻漏」について

副院長の米澤です。

早いもので今年も残り2カ月となりました。朝晩はグッと冷え込むようになり、風邪の症状で来院される患者さんがさらに増えてきているように感じます。いまのところ、インフルエンザ流行の兆しはありませんが、新型コロナウイルス対策としても重要な体調管理、感染予防、3密を避ける行動は非常に大切なことだと考えます。

 

さて、本日は、鼻水がのどに落ちる「後鼻漏」についてのお話です。

後鼻漏とは、鼻の奥から粘液がのどに落ちる病態を表す医学用語であり、独立した病名ではありません。

 

代表的な後鼻漏の原因としては以下のようなものがあります。

・風邪

・ちくのう(副鼻腔炎)

・アレルギー性鼻炎

・寒暖差

・特定の食品/香辛料

・妊娠

・脱水症状

・特定の薬(経口避妊薬や降圧薬など)

・解剖学的異常

・逆流性食道炎

 

症状としては、のどの違和感または痛み痰のひっかかり鼻づまり鼻水声がれ

といったものがあります。

 

治療としては、ちくのう(副鼻腔炎)が疑われる場合には抗生物質や去痰剤の投与、アレルギー性鼻炎の場合には抗ヒスタミン剤やステロイド点鼻薬の投与、胃酸の逆流が考えられる場合には胃薬の投与が有効な治療となります。

 

また、家庭でも出来る対応としては

・粘液を薄くするために水分摂取

・塩水または生理食塩水での鼻うがい

・部屋の加湿

アルコールやカフェインなどの脱水症状を引き起こす物質を避ける

タバコや急激な温度変化を避ける

 

以上、鼻水がのどに落ちる「後鼻漏」についてでした。

「後鼻漏」に限らず、何かご不明なことなどあれば、いつでも相談して下さいね。

 

舌の痛み「舌痛症」について

副院長の米澤です。

 

10月に入り、朝晩はめっきり寒くなってきました。急な気温の変化で体調を崩されて、診察に来られる方も増えてきました。

例年、12月~2月にかけてインフルエンザ流行のピークをむかえるのですが、今年は新型コロナウイルスの流行もあり、特に体調管理、感染対策が重要な年と考えます。

当院でもインフルエンザ予防接種インターネット予約来院での予約回線混雑回避の観点から、電話での予約は受け付けていません)が開始となり、10月12日からは実際のワクチン接種が始まります。

今年の冬は、これまで以上に万全の態勢で臨みたいですね。

さて、本日は、舌(した)の痛み「舌痛症」についてのお話です.

 

舌痛症とは、明らかな原因が分からない、舌(した)の痛みに対する医学用語です。この症状は、舌(した)に限ったものではなく、歯ぐき、口唇、頬の裏側、口全体に及ぶこともあり、まるでやけどしたかのような灼熱感を伴うこともあります。

近年、明らかな原因が分からないと言われていた舌痛症に対して、様々な原因が指摘されるようになってきました。

 

代表的な舌痛症の原因としては

・口の渇き(口内乾燥症)

・口の真菌感染症(口腔カンジダ症)、ウイルス感染症、細菌感染症

・栄養不足(鉄、亜鉛、ビタミン不足)

・アレルギー

・胃酸の逆流(逆流性食道炎)

・特定の薬

・歯ぎしりなどの習慣

・糖尿病や甲状腺機能低下症などの内分泌障害

・不安、うつ病、ストレスなどの心理的要因

治療としては、口腔カンジダ症が疑われる場合には抗真菌薬の投与、ビタミン・栄養不足の場合にはその物質の補充胃酸の逆流が考えられる場合には胃薬の投与といったように

それぞれの原因に適した対応が重要です。

また、舌痛症と診断された患者様の中には、舌白板症、舌がんといった腫瘍性病変が隠れていることも比較的まれではありますが存在します。週単位、月単位で症状が続く舌(した)の異常を認める際には、耳鼻咽喉科、内科、歯科を受診することをお勧めします。

 

以上、舌(した)の痛み「舌痛症」についてでした。

 

withコロナ時代に迎える最初の冬が何事もなく過ぎていくことを切に願います。

舌(した)の痛みに限らず、何かご不明なことなどあれば、いつでも相談して下さいね。

インフルエンザ予防接種のお知らせ

本年もインフルエンザ予防接種の時期がやってきました。

当院の接種予定は下記の通りです。

 

厚労省から、高齢者優先依頼のお知らせをご存知の方もおられると思いますが、

当院は当初から潤沢にワクチンを確保できておりますので、特に年齢制限などをせず、

全世代以下の要領で行います。

 

接種費用

○ 65歳以上:無料(※)
東大阪市内にお住いの方のみ。免許証など、住所を確認できるものをお持ちください
○ 13歳以上~65歳未満:3,000円
○ 3歳以上~13歳未満:2,500円×2回
○ 6ヶ月以上~3歳未満:2,200円×2回

予約方法

ネットによる予約(9月28日10時から)

当院のLINE公式アカウントから、予約ボタンを押してサイトに入ってください。

https://lin.ee/3KKrJ6L

直接来院による予約(10月5日から)

※お電話でのご予約は受けておりません。

 

接種日時
10月12日(月)接種開始
診療時間中の枠
予防接種専用枠
のご都合の良い方をお選びください。

○予防接種専用枠日時
火曜日12:30~13:30
10月13日、27日
11月10日、24日
12月8日

土曜日 13:00~14:00
10月17日、31日
11月14日、28日
12月19日

問診票を事前に取りに来ていただき、接種日ご来院時に記入してお持ちいただくとスムーズです。

こちらからダウンロードしてご記入いただいても構いません。

インフルエンザ問診票ダウンロードはこちら

 

※医師の指定はできません
※入荷が終わり次第終了となることがあります。